オートマチックトランスミッションの滑りの修理費用 滑ったミッションどうしよう?

MENU

 

オートマ転びと言われて、修理お代や不具合を確認しようとされてるサイドへ。

 

とりあえず現在の電車が何年式で何距離走っているかにもよりますが、オートマチックトランスミッションを

 

修理するのはちょっとお待ち

 

になられたほうが賢明です。

 

そもそもオートマが故障すると、だいたいの店は

 

オートマそのものの載せ換え

 

を勧めてしまう。実際うちの工房もそうしている。なぜなら、消息筋を開けて修理するに関してという、載せ取替えるということを比較すると、修理するのは載せ引替えることに比べて、

 

3倍以上という工夫暇が増える

 

ためです。

 

 

 

速いお話、そんなにオートマチックトランスミッションの中身は複雑にできていて、当社修理屋も修理するのをためらうくらいの階級。なら無駄にバラして修理する結果、請求する工賃をサクサク増やして仕舞うよりは、シンプルに載せ替えしてしまって、修理する工房近辺も仲間さま近辺とも、安く上げましょうというわけですね。

 

そして、先に申し上げておきますが、

 

オートマが滑ってからの
オイル受け渡しはむだ

 

ですのでご忠告を。

 

逆にオイルを交換したりすることで、どんどん目詰まりを起こしてしまい、

 

天王山を刺して動かなくなってしまう

 

こともありますので、

 

無駄にお金をかけるのはやめましょう。

 

修理経費といった不具合

 

 

そして気になる修理経費ですが、載せるコミュニケーションを、新品にするのかセコハンにするのかも金額は変わってきますが、一般的にユーズドで安くても、工賃を含めて

 

30万円頃から、

 

高い車になると

 

100万円を超えてくる

 

こともあります。

 

※例として、安いは軽自動車の一般的な給料。良いはベンツやBMWなどの著しいカテゴリーの外車。

 

 

 

そしてオートマ転びの不具合といえば、日産車などに手広く見られる、1速から2速の転換寄稿まま、一瞬エンジンのサイクルが「ウィィィーン!」と上がって

 

滑りながら変速する不具合

 

や、スズキやホンダなどに多い、ギアの変わり目や、裏ギアなどに

 

転換を入れた瞬間にガツン!

 

という大きな損傷があるなどの不具合などで、これが丸ごとどしどし劣化していくと、転びがだんだんひどくなってギアが変わらなくなったり、損傷が大きくなって、ギアが入らなかったりの不具合になっていきます。

 

今今、結構まだ正常ではないけれど、それに間近い状態で走れる状態であるのなら、直ちに

 

以下の3通りの代わりから

 

アクションを起こされることが無難であると言えるでしょう。

 

 

 

もっぱらのぼり潰す

 

 

最新の代わりは、丸ごとのぼり無くす事態。かんたんに言えば ”そっちのけ” とでも言いましょうか。

 

修理金額も幅広いので、持ち越し車検までのぼり無くすか、それとも再び乗らないかのいずれか。

 

ですがオートマミッションの場合、凡そ

 

走る原因はATオイルの眼詰り

 

ということが多いので、

 

急に外でご臨終を迎える

 

危惧だってあるのです。そんな場合は、勿論修理お代に加え、置換ができなくなるわけですから無駄なレッカー経費などがかかってくる。

 

自分の自家用車は自分が一番良く知っている!

 

なんて言われるサイドほど、自分で修理できない方がほとんどですからw、こういう起用に関しまして当社がなんだかんだ言うこともありませんが、あんまりオススメできる対策ではありません(←やり方は言いませんねw)。

 

修理する

 

 

修理をするならひとまず、

 

今現在の自家用車の年式を調べ

 

してみましょう。ニューモデル明示状況から何クラス経過しているかに関して。何とかユースドカーでニューモデルショップ以外から購入していても、ニューモデル明示から5クラス未満の電車であれば、

 

”ニューモデル指定宣言”

 

がついているので、修理は無償で行えます。その宣言内であれば、案の定無償で修理は受けられますので、 ”少々転び傾向” くらいの状態でも、修理や載せ替えを交渉してみましょう。

 

でも現在のニューモデルから5クラス未満の電車では、概ねすべるような症状が出ることはありませんので、本ページをご覧いただいて掛かる状態では、

 

もはや5クラス以外やり方されて

 

10万距離以上の走行距離

 

についてばっかりなのではないでしょうか。こういう場合は修理するのも自家用車の実利を考えてから点検された方が良いので、次の注3をご覧になられてから練るほうが良いのではないでしょうか。

 

今の実利を分かる