MENU

機チェーンのアップによるカラカラ異調音

 

エンジン動作消息筋の打調音やメタル調音は問題と共に不安もよぎりますよね。

 

・ このまま壊れるんじゃないか…

 

・ 本当に走れるんだろうか…

 

調音が知らせる危険な署名、機チェーンも同様です。

 

 

機チェーンの難点は?

 

 

機チェーンに難点が起こるって、「真っ白」「ジャラジャラ」としたメタル異調音が発生します。一般的に機チェーンは、機ベルトとは違い、キャッチボールの大事は無いと言われていますが、それは飽くまでも適切なオイル制御と準備を通していればの話です。

 

・ オイルキャッチボールをサボっていた
・ 粘度認定の違うオイルを入れていた

 

などの場合は、一定の負担を超えた時にスムーズに回らず、チェーンが伸びてしまい、そうなると流石、

 

チェーン交換しないと調音は直らない

 

ことは明白です。

 

機チェーンが伸びてしまったらどうなるのかは、こちらで解説している。
→チェーンのアップによる作用

 

 

 

キャッチボールお金はどのくらい?

 

 

機チェーンは機ベルトと違い、元々ディスポーザブルとしての

 

キャッチボールを想定していない

 

見せ、ゾーン本人の総額や

 

キャッチボール工賃がとても高め

 

だ。

 

オイルパンまで取りはずして交換する大事があったり、エンジンレイアウトによってはエンジンを半ば降ろしたりしてキャッチボールが必要となるために、一般的な

 

復元お金は12万円時分

 

として、やはりモデルによってはそれ以上となる高級復元になってしまいます。機チェーンの憂慮だけで済めばいまだにマシですが、アップによるエンジンへの更なる憂慮が露呈すると、別の復元も行わなければならない場合も出てきますので、復元をするにおいては慎重に判断する必要があるのではないでしょうか。

 

ですが機チェーンが在るという時点で、年式もそこそこでしょうし、また走行距離においては、もう10万間隔は超えているのではないでしょうか?

 

仮に、そういった状態であるのなら、復元の前にひと度おモデルのプラスを確認してみることをオススメいたします。

 

 

 

 

モデルのプラスを分かる理由は