K6A

MENU

K6Aエンジンの白紙異音

 

 

 

ワゴンR、エブリィ、ラパン…

 

といいますか、スズキのK形式エンジン全てに当てはまることとも言いましょうか、

 

K形式エンジンの

 

エンジン出陣ときの白紙異音

 

に悩まされているサイドは、様々いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

昼前ゼロエンジン始動した瞬間にガラガラッ…!

 

2〜3日にち止めた後にエンジンをかけるとガラガラッ…!

 

 

かけ発車の一瞬だけ白紙鳴り渡るだけなので、気にならないといえば気にならないのですが、取り敢えずいつものことなので耳障りといいますか、

 

こういうエンジン大丈夫なの!?

 

と思ってしまいますよね?

 

ここではその異音の原因と目論みに関して記載しています。

 

エンジン出陣ときの異音の原因

 

おんなじK6Aエンジンも、実はいくつかのグループがあります。

 

大きく分けるとターボ有エンジン、ノンターボエンジンになりますが、しばし細く分けますと、VVTエンジンや直噴エンジンなど、おんなじK6形式といったいえど数多くのグループがあります。

 

これは、エンジン遮断は概して共通なのですが、エンジンの上なかば…、つまりヘッドと呼ばれる割り当てをちょい取りかえることによって、馬力の発生する特性などを変貌させていらっしゃる。

 

今回はその、VVTエンジン。可変バルブ形態という機構を搭載したエンジンが今回の問題児ですので、そのVVT人間のK6エンジンにあたってお話ししていきます。

 

実はこういうエンジン、町上がりなどでエンジンの循環の変動が著しい運行を繰り返したり、走行距離が多くなってきたり、年季が経過したりしてくると、カムシャフトに関しましておるVVT機構の耐久性のもろさから、ズレが生じて内容がゆがみし、白紙とした音が発生してしまうのです。

 

なんとなく下の撮影をご覧下さい。

 

 

 

これは、そのVVT機構がおかしくなって異音が出始めたK6Aエンジン。至高右手の撮影は、エンジンをバラした一般図式を写し、中間、左手へ行くによって、拡大して写している。

 

どうですか?トラップが変形して要る

 

のがお分かりになりますでしょうか?

 

元来こういうトラップは、キレイな丸っこい円になっていて、ここにビビッが刺さっているのですが、こういう内容のもろさから、

 

楕円外見にゆがみ

 

やるのがわかるかと思います。

 

楕円外見に変形していらっしゃるところに、キレイな円柱パターンのビビッが刺さっているわけですから、「スキマ」が生じるのがお分かりになりますね?

 

なので殊にオイルの回っていない出陣時間などに、そのスキマでビビッが暴れるために、「ガラガラッ…」という音が発生するわけです。

 

原因は一目瞭然。残念ながらあなたの愛車のエンジンは、もうすでにこの状態になっているのです。

 

 

 

どうすれば嬉しい?

 

ではここからが本題だ。

 

一体、こうなってしまったエンジンは、どうすれば良いのでしょうか?

 

もはやこの状態で変形してしまっておる内容だ。残念ながらこうなってしまったエンジンは、

 

カムシャフトの内容度交代

 

するしかありません。

 

そしてこの症状は、5カテゴリー限り経過してニューモデル断言が切れたエンジンや、10万寸法以上の距離を走ったエンジンで確認されていることが多く、

 

完全に断言対象外のサービス。

 

ひいては人の生の傾向に直接的関係しないせいか、回収サービスはなっていません。

 

こういうクリエーターの都合に問いを投げかける声も多い中間、これを修理するには、こういうカムシャフト主役やループ間近セット交換する必要がありますので、内容金といった工賃ひっくるめて

 

約10万円の出金

 

を覚悟する必要があります。

 

 

近年、どのくらいの走行距離ですか?

 

近年、ニューモデルから何カテゴリー経過していますか?

 

 

それだけの賃金をかけて修理するのは、ほんのり考えた方がいいような気がします。そして今、10万円かけて修理しても、元々のカムシャフトのクォリティ強弱欠落が原因ですので、

 

どうせまた異音が出ます…

 

し、放っておくと撮影で見た「楕円がザクザク拡がって」いって、ずっと異音がひどくなっていくのです。

 

 

 

今の旨みを調べよう

 

特別取り換えを奨めるわけではありませんが、ワゴンRやエブリィなど、軽自動車は需要が高いので、どんなに年式が古くても、旨みが高いといった例が手広く見受けられます。

 

走行距離が多くても、需要があると旨みは充分あったりしますので、些か調べてみるだけで、びっくりする結果になるのではないでしょうか。

 

旨みを知って、思った以上にあるようなら取り換えを選択し、白紙言わない自家用車に切り替えるのもいいですし、置きかえできるほど旨みがなければ、やむを得ずそのままにしておくと決断もできます。

 

肝心なのは自家用車の旨みをまさに解る業者。

 

正に知れば、正しい判断ができるというものです。

 

 

特別見てもらったからといって、売らないといけないわけでもないので、そこは無料のサービスを利用するとして、初めて調べてみてはいかがですか?

 

こちらからかんたんに記載できますよ。

 

>>愛車の旨みを調べてみる<<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はエンジンから異音質が講じるとして、その復元の連絡を急増致します。

 

今日の課題は『スズキラパンの出陣時にエンジンから出る異音質』です。

 

 

 

貨物は、H16年式のスズキのアルトラパンです。

 

スズキラパンの出陣ときの異音質は、早朝エンジンが冷えている状態でエンジンをかけるといった、エンジンからガラガラといった異音質がやるといった状態でした。

 

 

 

お預かりして、サッと早朝原則エンジンを出陣。

 

エンジンから「ガラガラ」って1、2秒ですが、確かに異音質がします。

 

但し、異音質がさくっと止まってしまう。

 

エンジンを止めて難なくかけなおすって「ガラガラ」という異音質がしなくなります。

 

 

 

改めてエンジンを冷やしエンジンをかけるといった、また例の「ガラガラ」という異音質がエンジンからします。

 

ボンネットを開けて、異音質を確認すると、実にエンジンの中から出ている様です。

 

 

 

今回のスズキラパンには、K6Aというエンジンが搭載されていらっしゃる。

 

このK6Aエンジンには、VVT(可変バルブ時間やり方)という装置がカムシャフトに装着されていらっしゃる。

 

VVTは走行距離が増えてくると、カムシャフトってVVTを固定しているビビッの落とし穴が摩耗して、拡がって出向くという状態が多数あります。

 

このビビッの落とし穴が大きくなるデータ、カムシャフトというVVTにガタが生じ、「ガラガラ」といったエンジンから異音質が発生するのです。

 

 

 

さくっと、怪しい住所を点検する為にエンジンを解体していきます。

 

それでは、ヘッド被覆を外します。

 

スズキアルトラパンカムシャフト

 

カムシャフトが見えてきました。

 

エンジンオイルを定期的に交換しているので、思った以上に内輪はビューティフルですね。

 

スズキアルトラパンオイルパン

 

カムシャフトを外す為に、時間チェーンを外します。

 

時間チェーンを欠かす為には、エンジン後半のオイルパンを外さないといった取り外せません。

 

急がば回れの内面で部分を取りはずして行きます。

 

オイルパンを外し内輪を確認した割り当て、こちらも思った以上にビューティフルでした。

 

グングンタイミングチェーンカバーを外します。

 

漸く時間チェーンが見えてきました。

 

スズキアルトラパンタイミングチェーン

 

時間チェーンを外し、専用器機によってVVTを取りはずします。

 

スズキアルトラパンカムシャフト

 

外したカムシャフトという、取り寄せた新品のカムシャフトのVVTゾーン落とし穴を比べて見ました。

 

V上のカムシャフトが、今までエンジンに装着していたものです。

 

スズキアルトラパンカムシャフト

 

そうして、引き返しが取り寄せた新品のカムシャフトです。

 

VVTのゾーン落とし穴をよく見ると、今までエンジンに装着されていたカムシャフトの立場は、楕円に拡がっています。

 

スズキラパンの出陣ときのガラガラという異音質の原因は、カムシャフトのVVTを整える落とし穴の磨耗が誘因でした。

 

カムシャフトを新品に交換してエンジンをかけるといった、出陣ときのあの「ガラガラ」という異音質も消えました。

 

これで、原則例落着です。

 

 

 

まとめ

 

今、変化手順はアップしていませんが、甚だ一大プロセスでした。

 

K6Aエンジンはアルトラパンの他に、ワゴンR・MRワゴン・Keiなど多くの貨物に搭載していらっしゃる。

 

対象の方も多いと思いますので、気になる顧客はお気軽にご折衝下さい。

 

最近限りエンジンの準備自動車を車検並びに定期検討等で診断致しますといったエンジン 冷年月好機一際早朝スタート
にエンジン始動するという直後にエンジン上部からガラガラ音質(何一つ大きな異音質が時間チェーン又
はVVT四方から )が出現 エンジン始動するといった1.5秒以で異音質が止まります のち何たび防止 出陣 進度
スピードダウン 運行診断しても状態(異音質)は発生しませんただし外気温度により時間は結構変化しますがエンジン
停止し3〜6日にち以放置すると又不快異音質(ガラガラ音質)が発生し単に見逃し使用しているといった徐々に
異音質が大きくなります。

 

診断時流限り状態の発生している貨物が腹一杯生ずるデータ製造元動向部に問いかけ致しますという敢然
そういう貨物が保全設ける との返信です 製造元では弱み出現住所は可変バルブ時間やり方(VVT
欠落)および各時間チェーン テンショナー 誘引 あるいはタイミングスプロケットギヤーその他の劣化 磨耗
って回答しておりますが実践で走行距離2万5千〜4万km運行自動車も異音質が発生しているデータ誘因追求
設けるデータ 合致自動車のエンジン 2卓解体し 誘因修養致しました。
(6万間運行のスズキ ワゴンR並びに ニッサン モコ 運行4万km運行自動車 それぞれK6A可変バルブタイミ
ングメカニズム準備エンジン) 

 

上記の弱みは保証の対象にならないのか 製造元に問い掛け致しますって保証はニュータイプ依頼日を通じて5時間
と言うことです。

 

自家用使用では 保証切れの5.5時間〜6時間使用するとそういった異音質が発生しているようです。
ダイハッ氏のムーヴはVVTの内輪異音質(カチャカチャ コッコッという小メタルものの音質)出現紛争
は年式 走行距離 片付け日にち関係無しで全貨物片付け戦略節度って任意変化 回収されております
が限り製造元氏は片付け日にち第三者は確約してくれません。

 

 

解体診断時流異音質出現誘因追求致しました 時流製造元推進並びに動向部へ時流報告したが 
片付け対象に何だかとめる 心残り事です。 最近の同型エンジンは時間やり方を全面的に変更して
いるようです。

 

原因はスタート動向部に問いあわせ致しました返信ルールはまったく違う内容の誘因結果が2卓のエンジン
解体結果から追求出来ました。

 

 

解体時流異音質出現住所は吸気周囲カムシャフト 軸に直角ベクトルにVVTやり方のロックビビットラップが加工されておりますが
そういったビビッロックトラップの真円たびがシャフトクォリティ欠落により楕円外見に変形しているため冷年月好機VVTロックビビッがそういった落とし穴に刺
さりロックしているがガタがあるデータ振られて異音質発生する
エンジン始動し油圧が上がるとロックビビッは窄みロックンロール落とし穴からVVTやり方内輪に完全に窄みスルーになるデータ異音質発生し
乏しいと共にバルブタイミングも正常に進曲線および遅角しエンジンは正常に作動する エンジン防止直後の出陣はエン
ジン油圧が加わっているため異音質でない 豊か放置すると 油圧低下しロックビビッが楕円外見に変形したビビットラップに
刺さりVVT ガタツキにより異音質発生する。以上の繰り返しが誘因 なを解体時流2卓のエンジン共にVVTラクロックンロール
ビビッもひずみ曲がり磨耗感想も大丈夫その他のバルブ時間コネクションメカニズムも大丈夫原因はカムシャフトクォリティ欠落
によるビビットラップの歪みが誘因でした。

 

カムシャフト インテークアッセンブリーチェンジ VVTはピンの歪み磨耗感想を確認し不確かが無ければ再使用可能 Oリ
ング再不可能 シールパッキンケース部は丁寧にクリーンすること オイルパン搭載時はしっかり内輪異物確認し搭載
バルブタイミングも慎重に確認し時間カテゴリーを搭載 Oリングの位置ギャップには豊富ご申し出を並びに油圧喜劇
ロールバルブの段取りスクリユはムヤミに回さない科目 エンジン部 油路クリーン オイルポンプ 油圧段取り部も検討が
必要です。

 

 

取りまとめ完成後半 診察瞬間(スキャンッールテスター)で診察並びにデーターを確定致しました時流全製品取りまとめ制約
データーに適合してあり正常に復帰いたしました

 

取りまとめ後半現在で約6千5百km以走行してますが2卓2つ一度も異音質出現致しません 燃料支払いもデーター開示に
近づき馬力 進度も大変良くなりました。

 

排気濃度 CO  二酸化炭素  HC  NOX  制約 物腰

 

 

■ 後述は相当解体致しましたVです 御覧下さい。

 

 

 

 下Vをプッシュすると拡大します。

 

 

上段右端並びに下段左端のVまん中のロックビビットラップが楕円に変形してますがこの落とし穴は真円がオフィシャルです
シャフトのクォリティ欠落により楕円外見にひずみしてるですこれが原因でVVTが踊り異音質が発生しておりました
製造元氏も誘因わかってると思いますが何たび聞いても正しい回答してくれず保証期日がなくなる頃に
異音質発生するとはひにくなものです異音質発生する時間がくればニュータイプと交換しなさい信条ですかな〜 〜 〜
時間チェーン関係の全部分並びにカムシャフトチェンジ アレンジフィー 計 \8物事食い分〜13万以になるのでは
ダイハッ氏のように全合致貨物片付けとしてほしいですよねこれは明らかにクォリティ欠落による紛争といった思
いますが

 

因みにこの貨物2卓は我々経由でニュータイプ大売出し半年毎に検討取りまとめ5千キロメートル毎にハイソサエティーオイル全量変化
原則万間毎にオイル主体交換し法定定期検討 制限も自家用ですが商いもの愛車同等に統括し
現在まで使用している自動車です。
けれども連絡致しました通り上記の如く運行4.3万`時季ニュータイプ依頼にて5時間3か月で異音質が発生し取りまとめ致しました。
(保障期間  ニュータイプ依頼日を通じて 5時間だそうです他社製造元のエンジンは軽自動車も20万kmは走行している
ようですが???

 

スズキ氏当たり代物自動車のエンジンです最近は各所不況により愛車の歴史が滅茶苦茶長く
なっております運輸省からも常用自動車の診断検討製品も加算されております 片付け戦略考えてくれませ
んかたより問題ですよ)