MENU

クランク金属摩耗の異音響

 

車種を運転しているところエンジンから「コンコン」とか「カンカン」といった、大層気になるメタル打刻音響が聞こえてきたら要注意。そうした「恐ろしい打音響」は、クランク金属が摩耗していらっしゃる確約なのです。

 

こういう音響が聞こえたら、お車種をどうするか、直ちに考えたほうが良いと言っても過言ではありません。

 

金属が音響鳴りしてきたら

 

音響が聞こえて要るだけも、コンロッドやクランクシャフトが使い物にならなくなって掛かるケーが、丸々気にせず車種を走らせ続けると、焼き付いたクランク金属がコンロッドに高重荷を加え続け、重荷に耐え切れなくなったコンロッドがボッキリ折れたり、あらぬ針路に折れ曲がってしまい、最悪の場合はシリンダー阻止を突き破って壊して仕舞う可能性も。
※たしか頭文字Dもそんなことが…。

 

シリンダー阻止を壊して仕舞うほどの強烈な壊れ側だと、エンジンを構成する主割り当て、すなわちピストン、コンロッド、クランク、シリンダー阻止、シリンダーヘッドなど、あらゆる中味が最期を迎えます。つまりはエンジン全マイナスとして、車種を買い替えるかエンジンの載せ替えしか道はなくなってしまう。

 

クランク金属って何?

 

ここでクランク金属はどういったものなのか批評ください。

 

クランク金属はベアリング、つまり「軸受け」の一種のことです。ベアリングと言えば一般的にボールやローラーを思い浮かべますが、クランク金属はボールやローラーは使っていない、専らメタルの板のようなものです。

 

軸受けとはいってもクランクシャフトといった自ら接していらっしゃるわけではなく、普段はオイル油膜でクランクシャフトを保持している状態です。

 

 

車種を走らせるという、こういうクランク金属はちょこっとづつ摩耗していきます。

 

高重荷、高回転、多運行だと摩耗もひとまず激しくなります。

 

 

普段はオイル油膜のおかげで摩耗はカットされていますが、なんらかの理由で油膜が切れてしまうって、メタル友達が自らで接触してしまい、摩耗が一気にスピードアップされてしまう。

 

そして、摩耗が一定のレベルに達した段階で「カンカン」「コンコン」といった打音響が溢れるんですね。

 

 

ここでようやく問題に気付いても、手遅れ、手遅れなのですが、この状態であるものの、引き続き車種を走らせ続けると、前述の町ひどいキャリアが起こってしまうわけですね。

 

クランク金属の手伝いには

 

クランク金属の摩耗を防ぐのに特別抜け道は、日頃のオイルコントロールだ。

 

一斉のオイルコミュニケーションで数千円ですから、長時間寸法を滑るお客様には費消を加わるかもしれませんが、こういうコントロールを怠ってしまうとエンジン全マイナスの公算が高まってしまう。

 

 

ハイスペックでおっきいオイルでなくとも構いません。それほど走り回るお客様もそうでないお客様も、安くて経済的で、更にその車種に合ったオイルを日頃からマメに交換して差し上げるというエンジンは長持ちするわけですね。

 

 

もしオイルをマメに交換していないのであれば、極力マメに交換するようにして望むものですが、もしもすでに音響が出ているようでしたら、下部をご覧もらいご裁定ください。

 

復元の前に真骨頂を知りましょう