MENU

エンジンお出かけ時や走行中に「真っ白」「カンカン」「カタカタ」といった異物音や打物音が聞こえてくるって、ヤバイ面倒に発展しかねない不都合が起こっているケー。

 

 

実例でいえばスズキワゴンRなどに搭載されている、K6Aスタイルエンジン積載モデルに多い真っ白物音。

 

エンジンのかけスタートの時に発生する真っ白物音。これは、エンジンをかけるとすぐに癒えることが多く、お出かけ時間のみ異物音がするということが多いようです。これは、VVTという可変バルブ時間役所の周辺によって物音が出ていることが多いようで、この場合、その役所を交換する修復ということになりますが、価格はとても高くつくようです。

 

 

 

ただし弊害はそれだけではなく…。

 

ワゴンRやスズキのモデルもですが、それ以外のモデルやバイクにて、常に物音が鳴り止まない場合は僅か難題。おしなべてこれと言い張るのは苦しいのですが、

 

オイル施術の悪さによるオイル道筋の停滞
時間循環からの真っ白物音

 

ということもあるようです。
→時間循環からの異物音はこちら

 

ここでは少し、オイル道筋の停滞に関してお話していきますね。

 

日頃のオイル監視はキーポイント。という、思い切り言われます。オイルは性分で言うと血という役割を果たしていて、エンジンの総じてのポイントを円滑に動作させるために重要なものであり、そのオイル調節を怠るという、様々な面倒を生み出します。

 

 

オイル交換を怠るといった?

 

 

オイルの交換瞬間はその車にてチョイス瞬間は異なりますが、一般的には3,000〜10,000kmが準備となっています。

 

しかしこれは飽くまで準備で、エンジンに高ダメージを掛ければ引っ掛けるほど、さすが落ち込みの早さもことなる結果、交換の瞬間は早まります。ハイウェイを常に一定のエンジン転回をキープしながら10,000kmを走行したエンジンといった、街中での中止&ゴーを繰り返しておんなじ10,000kmに到達したエンジンは、無論オイルの落ち込みの早さも違うので、検証にはなりません。値段の許す限り、早めに交換するのがベストです。

 

そして、そのエンジンオイルをいつまでも交換せずに放置しておくと、オイル道筋が目詰りしてしまう。

 

 

 

メタル個々が擦り合わさって、メタル粉=スラッジが発生する。マメにオイル交換をしていると、のち図解という状態にはなりませんが、しばらくサボってしまうと、スラッジが固まってしまい、もうすぐはオイルの流れを止めてしまって、エンジン本体をNoとしてしまう。

 

 

現下、もはや異物音が発生しているからには、
残念ながら今や物音は消えません。

 

 

オイル道筋が詰まってしまうと、すでにエンジン本文にオイルが回らなくなる結果、分解掃除が要求となってきます。分解する総額としては、いつの配列があるのかによっても変わりますが、まずはオイルパンもしくはヘッド補償からよりエンジンをバラして階段を確認し、そこから自力で見えた状況によって、どこまでの工程を行うかを判断する結果、おしなべていくらとは言えませんが、単純に通算万円からおっきいものでは通算十万にもなるでしょう。

 

ますますオイル道筋の目線詰りだけではなく、シリンダー一つやシリンダーヘッド、カムシャフト、オイルパンやストレーナーなど、オイルが受かる各部もスラッジ溜まりを引き起こしている可能性が高く、修復をするならエンジンをおろして総合分解しないといけないことも。

 

 

オイル道筋の目線詰りが難病化した場合は、修復からエンジンの載せ替えになるケースも多いです。

 

ですから、オイルの目線詰りを起こした不具合の場合、以下の3つの代替をなされたほうが良いでしょう。

 

 

 

現在の自家用車を長く乗られるなら修理するべき

 

とも言えるでしょう。この先ものぼり続けたいと思えるほどの愛着がおありなら、確実に修復をなさってください。そうでないという目線詰りはいくらでもひどくなっていきます。

 

ただしコツを1つだけお話しておきます。

 

 

エンジンに20万円をかけて修理しても、価値が伸びるわけではない

 

 

について。

 

クルマの価値は、修復したからといって、次に入れ換えるときに加算されることはありませんから、そこはシビアに判断しないといけません。

 

 

放置する

 

ただただ物音が出ている状態で、何もしないという値踏みだ。

 

総額は全般かかりませんが、今の実態は何も変わりません。カラカラした物音が切れることもありません。ましてやオイルの流れが悪くなって、物音が出ているエンジンだ。よりひどくなることは確実であると思いましょう。また決定的なケースになると、

 

エンジンが急にロックして残る

 

こともあります。当然合図待機している時であろうとどういう状況であろうって、こちらが予見せずに突如止まります。そんな時もし

 

ハイウェイ上でエンジンが止まったら?

 

と考えると、

 

知らんぷりはいち押しできない

 

代替となりますね。

 

今の自家用車の価値をわかる