MENU

エンジンからラフファッション聴きなれないカラカラ動画やチリチリ動画が聞こえてくるって、

 

「調子が悪いんじゃ…」
「壊れてしまうかも…」

 

としてしまう。

 

 

エンジンからの異動画は、エンジンの鳴き声。異動画が出始めたら要注意です。

 

ピストンリングの役割

 

エンジンのダメージの一つに「ピストンリングの摩耗」があります。そんなふうに頻繁に起きるものではありませんが、走行距離の多いクルマに発生しがちな病態で、エンジンから軽々しいチリチリ(聞き方によってはカタカタ)とした打動画が聞こえてくるって、ピストンリングが摩耗してある事が考えられます。

 

ピストンリングは、エンジン内部のピストンを構成する部品の一つで、シリンダーといったピストンの沈着部分に起こる通算書物の指輪の事を指している。ハイスピードで上下行動を繰り返しているシリンダーの内方で、適正な油膜を影響する非常に重要な役割を果たしていらっしゃる部品だ。

 

こういうピストンリングが摩耗してくると、ピストンといったシリンダーの間にコアができてしまいます。

 

もう一度摩耗が進むと「オイルゴール」という病態にてマフラーから白煙を噴いたり、点火にてバーストした焼却瓦斯が抜かり出して仕舞う「瓦斯抜け」の病態が発生してしまい、エンジンとして正常な実態を保てなくなってしまいます。こうなってしまうとエンジンの相当なパワーダウンはもちろん、オイル支払い高が増大してしまい、放っておくと病態はどんどん悪化していくのです。

 

最悪の場合、ピストンやシリンダー自体が神業摩耗を起こし、エンジンとしてのメカニズムが果たせなくなってしまいます。これを修理するには、ピストンやピストンリングの交代はもちろん、場合によってはシリンダーのボーリング製造ってオーバーサイズピストンを使わなければいけないので、いとも払う気になれないくらいの高額な修復費用が発生します。

 

ピストンリングが摩耗するという

 

ピストンリングが摩耗してしまったは場合は交代が必要になります。もちろんそれほど交代すれば素晴らしいというわけでは薄い場合が多いので、修復額はまちまちですがいずれにしても雑20万円からの高額な修復費用が発生します。

 

また、ピストンリングの摩耗は過酷な航行や経年衰弱も発生するので、修理するにはエンジン保守といって、解体開発しかありません。しかし、相当な費用が発生するので、至って思い入れのあるクルマもない限り、保守を行うことはちょい考えるべきではないでしょうか。

 

残念ながら、ピストンリングは始終シリンダーといったピストンのコアで擦られているので摩耗を防ぐことはできません。しかし、適切なオイル制圧というルールを行う結果寿命を持ち越すことができますので、日頃のオイルルールはやっぱ重要ですね。

 

修理する前に